商売繁盛の為に重要!店舗デザインの流れと目的


店舗デザインの一連の流れ

料理店などの店舗をオープンさせる場合、実行しなければならないのが店舗デザインになります。店舗の外観並びに内観のデザインは、店のイメージに影響します。誤ったデザイン性であれば客は減りますし、磨きのかかったハイセンスなデザイン性であれば、数多くの客を呼び込めます。その結果開店させるにあたり、細心の注意を払って考える必要があります。それから、店舗デザインは、店舗設計と称されることもあります。まず第一にオーナーが店のイメージを明確にし、設計事務所並びにデザイン会社が具現化させます。店の設計図が完成したら、デザイン画を描くことになります。加えて家具やインテリアもポジショニングして、店舗デザインを固めます。更にそれに伴って、什器の場所や、壁や床のカラーなども考えます。そしてデザイン通りの店舗かどうかのチェックをし、オーナーサイドが承認した場合工事に入ります。

店舗デザインを実施する目的

店舗デザインを実施する目的は、取り扱っている販売品を魅力的に見えるようにするためです。雑貨屋であれば、店舗のインテリアに比べて販売品を目立たせることが不可欠です。その結果壁や棚のカラーは、抑え気味のカラーで統一している場合が少なくありません。 さらに料理店の場合は、客が食事し易い周辺環境を整えることが重要だと言えます。カウンター席の間隔を大き目にしたり、テーブル席や座敷席は対話をエンジョイできるような空間構築も肝要になってきます。使う客のことを考慮して、店舗デザインを決定することが大事になってきます。

小売であれ、飲食店であれ、店舗の内装を変えるだけで、売上が向上するケースは多くあります。壁紙の張り替えや間接照明の設置などだけでも、印象がガラリと変わるので、売上に苦慮している方は要チェックです。