流行りのローコスト住宅と注文住宅はどんな特徴があるの?


ローコスト住宅を選ぶ時はデザインや構造に注目しよう

家造りの際に出費をなるべく少なくしたい人は、ローコスト住宅をメインに扱っているハウスメーカーを頼りにすることが大切です。大手のハウスメーカーの中には、オーソドックスなデザインのローコスト住宅の販売実績が豊富なところが多くあり、契約前に住宅購入費用の節約のコツを教えてくれることもあります。また、一般的なローコスト住宅は、デザインや構造などの希望が通りにくかったり、リビングや寝室などのスペースが狭かったりすることもあるため、時間を掛けてそれぞれの住宅の内部の特徴を確認しましょう。なお、初めて住宅購入をする場合は、各地で評判が良いハウスメーカーの住宅展示場を訪れたり、新築の物件の見学を希望したりするのも良いでしょう。

注文住宅は各家庭のライフスタイルに合わせやすい

注文住宅は、施工に高額な費用が掛かるものの、各家庭のライフスタイルに応じて部屋の数や間取りなどを予算の範囲内で自由に指定できるという利点があります。また、省エネ設計やバリアフリー設計といった最新のシステムを導入しやすく、乳幼児から高齢者まで安心して生活を過ごすことが可能です。注文住宅の施工実績があるハウスメーカーでは、人気がある住宅のデザインについて様々な事例を交えて紹介したり、購入計画の無料相談に対応したりしているところが多くあります。そのため、将来に向けて注文住宅の購入を考えている人は、各地のハウスメーカーのサービスの良し悪しやスタッフの経歴などにこだわって店舗探しをすることがおすすめです。

3000万の家は、注文住宅で最も多い価格帯です。土地代を含まない建築費だけの価格。デザインや間取り、憧れの設備など、自分の理想とする家を実現できます。