基本条件のポイントを掴んで効率よく賃貸住宅を探す


家賃は収入の3分の1を目安にしておく

毎月払わないといけない家賃は、重要度の高い基本条件の一つです。良い物件が見つかったとしても、家賃が高ければ家計を圧迫して負担になってしまいますよね。家賃は管理費込みで、手取り収入の3分の1以内というのが一般的な目安となります。食費や光熱費、交遊費や電話代などの費用も考慮すれば、目安の費用は納得できる数字となるはずです。また、地域性や賃貸物件によっては、2年ごとの更新料が発生する物件もあります。更新料は家賃の1~2ヵ月分が一般的です。更新料がある物件に住む場合は、その分の貯蓄をしておく必要があるでしょう。更新料が負担になりそうと感じるなら、更新手続きの際に費用がかからない賃貸物件を選ぶとよいです。

間取りを意識して賃貸物件を選ぶ

賃貸住宅を選ぶときは、1人暮らしやカップル、家族などの住む人数や家族構成に合わせて、間取りや広さを選ぶことが大切です。1人暮らしの場合は、1R(ワンルーム)か1Kの間取りが敵しています。広さは専有面積13平方メートル前後から25平方メートル前後ぐらいを選ぶケースが多いです。1Rのタイプの間取りは、居室とキッチンが一体化している部屋のことをいいます。1Kとは、居室とキッチンが別々になっている部屋のタイプです。1Kの方は料理をする際に、くつろいだり、寝たりする部屋にニオイがこもらないということや、玄関を開けた時に部屋が丸見えにならないというメリットがあり、女性に選ばれるケースが多い間取りです。家賃は1Rの方が安く、毎月の出費を抑えたいと考えている人は1Rの賃貸住宅を選ぶのがベストです。

北見の賃貸は、一人暮らしはもちろん、家族連れや高齢者にも住みやすいです。買い物にも困らず、医療施設も整っているため、不足はないでしょう。