独身時代にお金を貯めておいて年をとってから悠々自適な生活を楽しむ


若いうちに節約生活をして資産を形成する

頭金の支払いが少額で、ローンの額が多くなってしまった場合は、支払いが始まってから数十年にわたって苦しい生活を強いられる恐れがあります。もし年をとってから苦労するのが嫌なのであれば、若いうちに苦労を先に済ませてしまうのはどうでしょうか。独身時代に無駄に高い食事をしたりお金のかかる趣味をたしなんだりするのではなく、お金がかからない生活をおくっていれば自然と貯金額は増えていきます。そして同じような考え方をもち・同じようなライフスタイルをおくってきた貯金額の多い異性と結婚すれば、家造りをする際にかなりの額を頭金として支払えます。

頭金として2000万円払ったらどれだけ楽か?

毎月のローン返済額を少なく抑える事ができたならば、年をとってから夫婦で余裕のある充実した生活をおくる事が可能です。具体的には、毎月可能な限りを貯蓄を行うほかボーナスもほぼ貯蓄にまわせば、独自時代に1000万円くらいの資産を形成する事は決して夢ではありません。そして同じく1000円万円くらいの貯蓄額がある人と結婚して予算3000万円で家造りをする際に頭金として2000万円を支払えば、ローン額はわずか1000万円で済みます。毎月の返済額を5万円程度に抑えられれば、毎月遠くまで旅行に行ったり好きな物を好きなだけ食べたり、お金のかかる趣味を楽しむなど極楽生活がおくれることでしょう。

少し予算を高く見積もって注文住宅を建てるのも良い

頭金として2000万円を支払えるのであれば、例えば予算を500万円増やして3500万円とし、自分達のニーズにぴったり合う注文住宅を建てるのも良いと思います。家造りにかかるお金が500万円増えたとしても、返済期間を長くすれば毎月の額はだいぶ抑えられます。

2000万の家は今では多く存在していますが人気が高い傾向にあります。その理由は手が届きやすい価格に設定されているからです。